2018発酵絵画 Fermented painting

2018発酵絵画 Fermented painting

2018発酵絵画 Fermented painting

http://yamamo1867.com/ila/

Yamamo Miso and Soy Sauce Brewing Company is the founder · Mosuke Takahashi starts brewing in the era of great regime of Keio three years (1867). Tradition has been handed over to the seventh generation, and this year marks the 15th year. However, no documents were found at the time of foundation. We understand the era background, history and climate, and regain time at founding by using soybean, rice, koji molds which are raw materials of miso soy sauce. Emperor Meiji visited Iwasaki and was functioning as the prefectural office’s residence because the living culture became rich by modifying the town administration of Takahashi Shichinosuke, the headquarters, especially land premises in Akita prefecture earliest, I will lay the foundation. That achievement has been told today that our company’s fourth generation left it on a stone monument. I took this bold reform and the actions that passed the generations that convey it to future generations as art and asked Mr. Takizawa of the artist to make it as a residence and reached this exhibition. I think that you can feel the installation which reworked silk screen which printed seed koji mold or rewritings of the sixth generation of calligraphers in Minagasegawa.

Mr. Takizawa heard the history of the Iwasaki region and the Takahashi family from the seventh generation of the family and started production from the point of imaging the Noehime legend which is the origin of the water of this place and the microscopic universe under the water of Tamago well . As a result, I devised a method to make spores of Aspergillus oryzae as a paint and to float on a milky white rice flour panel with a silk screen. This makes it possible to use the image of the yellow Aspergillus oryzae used in the warehouse with a microscope to make it a work and the work of the town government of Shichinosuke Takahashi, especially the photograph of the cultivated landscape and the picture of Iwasaki which is the early childhood emerging paintings We are exhibiting works. Also, since the sixth generation of the family is a calligrapher and the gallery was also the production and the classroom of the area, dissolve the paper in the writings, soaked paper in the Minasegawa, paste it into the floor of the gallery I am keeping it in memory as an installation work. I think if it can become a trigger to be conscious of the town-municipality of Shichinosuke which brought about modernization as the legacy of the land, which is indispensable for Miso soy sauce that flourished as an Iwasaki industry long ago.

“Industry Loves Art” ” Hoping for a new relationship between industries and art from here.

Yasushi Takahashi Seventh Generation YAMAMO / TAKAMO & Corp.
Tetsuya Takizawa Artist

ヤマモ味噌醤油醸造元は慶応三年(1867年)、大政奉還の激動の時代に創業者・高橋茂助が醸造を開始しました。七代に渡り伝統が引き継がれ、今年で151年目を迎えます。しかしながら、創業当時の資料は一切見つかっておりません。その時代背景や歴史、風土を読み解き、味噌醤油の原材料である大豆や米、麹菌を用いて創業時の時間を取り戻すことをしています。また、明治天皇が岩崎を訪れ、県庁所在地として機能していたのは、本家・高橋七之助の改革的な町政に起因しています。特に田畑の耕地整理を秋田県で最も早く行ったことにより町民の生活文化が豊かになり、近代化の礎を築くことになります。その功績を弊社・四代目が八幡神社の石碑に残し、今日に伝えています。弊社・七代目はこの大胆な改革やそれを後世に伝える一連の世代を超えた行為そのものをアートと捉え、アーティストの滝澤氏にレジデンスにより製作を依頼し、今回の展示に至りました。

滝澤氏は、七代目から岩崎地域と高橋家の歴史を聞き、この地の水の原点である能恵姫伝説や玉子井戸水中の微小な宇宙を映像化するところから制作を開始しました。目視できない麹菌のミクロで豊かな世界を様々な表現で模索し、結果、麹菌の胞子を絵具とし、乳白色の米粉のパネルにシルクスクリーンで浮かび上がらせる手法を編み出しました。これにより弊社で使われる黄麹菌をマイクロスコープで拡大した画像をモチーフに作品化したものと、本家・高橋七之助の町政、特に耕地整理の写真や幼少期にあたる岩崎の絵図を浮かび上がらせた絵画作品を展示しております。また弊社・六代目が書家であり、ギャラリーはその制作と地域の書道教室でもあったことから、書の反故紙を溶かし、皆瀬川に浸かりながら紙を漉き、それをギャラリーの床に張り込むことでインスタレーション作品として記憶に留めることをしております。古くから岩崎の産業として栄えた味噌醤油に欠くことのできない皆瀬川、近代化をもたらした七之助の町政を土地のレガシーとして次世代に紡ぐことができればと思います。

“Industry Loves Art” 「産業は芸術に恋をする」。ここから産業と美術の新しい関係が生まれることを期待して。

ヤマモ味噌醤油醸造元 七代目 高橋泰
アーティスト 滝澤徹也

 

DSC_0704

DSC_0708

DSC_2870

DSC_2856

DSC_1782

明治39年(1906)の耕地整理時の画像を黄麹胞子で浮かび上がらせる明治39年(1906)耕地整理写真(昭和15年発行 秋田縣岩崎町郷土誌 高橋七之助著より引用

米粉下地パネル・シルクスクリーン・種麹・インク(寒天培地・米粉・小麦粉)メディウム

DSC_1781

明治3年の岩崎絵図を黄麹胞子で浮かび上がらせる“明治3年の岩崎絵図より引用

米粉下地パネル・シルクスクリーン・種麹・インク(寒天培地・米粉・小麦粉)メディウム

DSC_2033

黄麹胞子を培養し、そのミクロなイメージを黄麹胞子で浮かび上がらせる

米粉下地パネル・シルクスクリーン・種麹・インク(寒天培地・米粉・小麦粉)メディウム

DSC_1780

黄麹胞子を培養し、そのミクロなイメージを黄麹胞子で浮かび上がらせる

米粉下地パネル・シルクスクリーン・種麹・インク(寒天培地・米粉・小麦粉)メディウム

DSC_2017

黄麹胞子を培養し、そのミクロなイメージから描く

米粉下地パネル・転写・炭化米粉・メディウム・墨汁

 

PAGE TOP